中東・アフリカ

未知の国イランの旅 その12.プランニングと費用

旅行のプランニング 会社の隣の席の人が、「イラン出張者が市場報告をしてくれるというので、一緒に聞きに行かない?」と誘ってくれたので、聞きに行きました。イランに旅行後、アメリカ入国が厳しくなると教えてもらいました。パスポートの有効期限が...

未知の国イランの旅 その11.経由地カタール

経由地のカタールで一泊しました。空港で両替したら、かなりの手数料を取られた。こんなことなら、少額だけど、キャッシングすれば良かったかな。ハマド国際空港から747番のバス(10QAR)で中心地に行き、ホテル近くのバス停で降りました。車内は出稼...

未知の国イランの旅 その10.テヘラン・ゴレスターン宮殿

世界遺産に登録されています。入口がわかりにくかったです。7つの博物館があるが、それぞれ入館料がいるため、基本の入場料に加えて、それぞれの施設の入館料を最初に払う必要があります。事前にどこに入るか決めておきましょう。私たちは、基本入場料15万...

未知の国イランの旅 その9.再びテヘランへ

旧アメリカ大使館 最寄り駅の近くの壁には、Down with USA(アメリカを倒せ!)の文字。そして、旧アメリカ大使館の壁には、骸骨の自由の女神が書かれた絵が描かれていた。この旧アメリカ大使館の壁の絵は、2019年9月に消されたらしい。...

未知の国イランの旅 その8.民族衣装がかわいいアブヤーネ村

イスファハーンからカーシャーンへバスで移動。イスファハーンで宿泊したホテルでカーシャーンのホテルの予約を入れたかったのだが、受付にお願いすると、併設の旅行社に頼むように言われた。営業時間をかなり過ぎても現れず、結局予約なしで、カーシャーンに...

未知の国イランの旅 その7.イスファハーン・エマーム広場以外の観光

マスジェデ・ジャーメ マスジェデ・エマームの近くからバーザールを通りながら行った。入場料20万リアルのはずが支払わず。771年に建築されたエスファハーンで最も古いモスクで世界遺産に登録されている。ここは、エマーム広場から離れていることもあ...

未知の国イランの旅 その6.イスファハーン・エマーム広場 後編

アーリー・ガープー宮殿 入場料20万リアル。ここは宮殿だけあって、寺院とはちょっと違ったモザイクが見れました。観光客も多いし、思ったより狭かったです。 最上階にある音楽鑑賞堂。 ...

未知の国イランの旅 その5.イスファハーン・エマーム広場 前編

シーラーズからイスファハーンへは夜行バス(35万リアル)を利用。21:30のバスが、10分遅れて出発した。翌4:50に到着した。乗車時間は7時間ちょっとでした。今回提供されたのは、水のみでした。まだメトロが運行していない時間帯だったので、バ...

未知の国イランの旅 その4.シーラーズ観光スポット巡り

シーラーズ2日目。今日は6時に起き、朝食を食べずに出かけました。 シャー・チェラーグ廟 入場無料。入口でチャードルを借りて入る。中庭は想像以上に広かった。建物もの自身もきれいだが、内部の鏡のモザイクがきれい。外観しか撮影できないので、内...

未知の国イランの旅 その3.シーラーズの町の散策

ペルセポリスのツアーが終わった後、一旦ホテルに戻り部屋で休憩してから出かけることにしました。ずっと移動続きでしたからね。 Niayesh Boutique Hotel シーラーズで泊まったホテルは、Niayesh Boutique Ho...
タイトルとURLをコピーしました