ヨーロッパギリシャ

ギリシャ イオニア諸島の旅 その5.ケファロニア島1日ツアー

スポンサーリンク

ザキントス島からケファロニア島までの移動は、当初、公共交通機関を使おうと考えていたんですが、ザキントス島からケファロニア島に行くフェリーは、一日2本しかないし、何せフェリーが出る港がアギオス・ニコラオスという島の北部までタクシーを飛ばさないといけないしと考えると、結構お金もかかる。そこで思いついたのが、ケファロニア島へのツアーがあれば、それに便乗し、宿を取っているアルゴストリで降りるというものだ。 1日ツアーの内容を聞くと、最後にアルゴストリに立ち寄るという。大きな荷物を持ち込んでもOKだし、途中離脱OKとのことだったので、申し込んだ。ツアー代は38ユーロ。

ケファロニア島のアゴストリは旅行社が少ないです。ケファロニア島の周遊旅行はザキントス島から参加するほうがいいでしょう。

乗り場と同じところから7:56に出発した。 ケファロニア島のPoros港に9:40到着した。ケファロニア島1日ツアー

港に到着すると言語毎にバスに振り分けられた。ガイドは、ザキントス島バスツアーでお世話になった同じガイドのミアさんだった。私たちが乗ったバスは、2階建バス(75人乗車)で、英語ガイドの他にポーランド語を話すガイドが同乗していた。私たちのバスには、英語がわからないと苦情を言っていたイタリア人が同乗していたので、他のバスは何語で案内していたのだろうか?バスの中で、ドロガラティ洞窟とメリッサニ洞窟の入場料 計10ユーロ(割引価格)を徴収された。ガイドの説明は、「ケファロニア島の名前の由来は、最初に来たケファロスから来ている」など説明してくれていた。

アギオス・ゲラシモス修道院(Monastery of Agios Gerasimos)

11時に到着。今日は8月15日 聖母被昇天祭ということもあって、修道院内は人であふれかえっていた。 15分の見学だったけど、結局集まらず、11:30出発となった。アギオス・ゲラシモス修道院

アギオス・ゲラシモス修道院

アギオス・ゲラシモス修道院

ドロガラティ洞窟

11:55 到着。階段を下りて行き、洞窟に入る。ドロガラティ洞窟

思っていたより奥には伸びていなく、すぐコンサートホールと呼ばれる広い空間に出くわした。見学時間30分もらったけど、15分で十分かな。
ドロガラティ洞窟

ドロガラティ洞窟

ドロガラティ洞窟

メリッサニ洞窟

12:36到着。ここは長蛇の列でした。結局、50分くらい並びました。メリッサニ洞窟

12人ずつくらいのボートに乗る。メリッサニ洞窟

透明度が高い!! 感動的な輝きでした。上からの光が差す洞窟ってあまりないし、カプリ島の青の洞窟とはまた違った趣でした。この洞窟の中にウナギが生息しているんです。泳いでいるのが見れました。10分ほどの遊覧でした。お昼頃がちょうど良い見ごろかな。メリッサニ洞窟

メリッサニ洞窟

メリッサニ洞窟

洞窟の空洞から見る空は、こんな感じ。メリッサニ洞窟

ランチブレーク

14:20 Agios Effimiaと呼ばれる港町で、好きなお店に入ってお昼でした。地元の人が集まるようなカフェでランチを取りました。Agios Effimia

Agios Effimia

Agios Effimiaでランチ

15:45 ミルトス・ビーチが見える道路脇のポイントで写真撮影。イオニア海で最も美しいビーチのひとつということだったので、別途行こうかと思ってたけど、上からの撮影で十分だと思った。アルゴストリに向けバスは進んだ。右手の海面には円形状のものが見える。Sea bassの養殖場とのことだった。ミルトス・ビーチ

ミルトス・ビーチ

16:30に本日最後の観光スポットのアルゴストリに到着した。ヴァリアヌ広場で降ろされ、他の観光客はコーヒーブレイクの時間を与えられ、自由に散策だった。私たちはここで、ツアーから離脱した。宿までは徒歩10分もかからない距離だった。

タイトルとURLをコピーしました