南北アメリカコロンビア

魅力がいっぱい! コロンビア その13.首都ボコタ

スポンサーリンク

ボゴタは、コロンビアの首都。標高2640mにある都市です。2016年の都市圏人口は952万人というのだから、かなりの大都市ですね。

モンセラーテの丘

市内を見下ろす標高3160mの山。あまり標高のことを気にしていなかったけど、高山に慣れていない人なら、高山病になりそうですね。ロープウェイ(往復21000ペソ)に乗って頂上へ。お天気が悪い・・・。

モンセラーテの丘

モンセラーテの丘

モンセラーテの丘

モンセラーテの丘

本来なら、ボゴタ市内を一望できるはずなのに、上に行くほど、下界が見えにくくなってきた。モンセラーテの丘

レストランや教会がなどがありました。モンセラーテの丘

モンセラーテの丘

モンセラーテの丘

モンセラーテの丘

更に奥に行くと、お土産屋さんや食堂が並んでいる。モンセラーテの丘

モンセラーテの丘

ちまきみたいなのが売られていた。気になる・・・。食べたいけど、このちまきいつ作ったものだろう・・・? 人少ないんですけど・・・。挑戦できない・・・。たぶん、たタマレス(Tamales)と言われるコーンミールで作った料理みたいです。モンセラーテの丘

ボゴタの旧市街

ボリーバル広場やカテドラルを見たり・・・。ボゴタの旧市街

ボゴタの旧市街

町を歩いていると、急に田舎の家みたいなのに出くわしたり・・・。ボゴタの旧市街

市内はトランスミレニオというバスを利用した交通システムがあるんですが、急行があったりと旅行者にはややこしいです。最後まで理解できなかった。アプリがあるので、スマホに入れておきましょう。GPSが働いて、自分がどの辺にいるのかわかります。ボゴタの旧市街

コロンビアは自転車が盛んです。長距離バスに乗っている時も自転車の集団をよく見かけました。高層ビルやショッピングモールも出来ていて都会でした。ボゴタの旧市街

ボテロ博物館

フェルナンド・ボテロの博物館。自身の作品やコレクションを寄贈したのだとか。太っ腹です。丸みを帯びた人物像がかわいいです。

ボテロ博物館

ボテロ博物館

ボテロ博物館

夕食はカレーラ4に通りにある店に適当に入った。Ricasole Picadas y Parrilladasお店(MAPS MEの地図では、Ricasole Al Carbón)。Picadas というのみじん切りという意味。Parrilladasは、バーベキューなので、お肉屋や野菜のみじん切りのグリルが食べれます。ボリュームがかなりあり、美味しかったんだけどかなり残してしまった。がっつり食べたい人にはお薦めです。

Ricasole Picadas y Parrilladas Picada Especial(15000ペソ)、マンゴージュース(4200ペソ)+税でトータル21,100ペソ。Ricasole Picadas y Parrilladas

パロケマオ花市場に行くのを忘れてしまった。花と果物を扱う市場なんですが、ツアーが出るくらい有名みたい。しまった。最終日、時間があったのに・・・。

タイトルとURLをコピーしました