南北アメリカコロンビア

魅力がいっぱい! コロンビア その15.プランニングと費用

スポンサーリンク
旅行のプランニング

エアロメヒコは、メデジンとボコタに就航しているのでコロンビアの入国をメデジン、出国をボゴタにしました。INとOUTを別の都市で設定すると効率良く回れるでしょう。

サン・アンドレス島は4日泊の予定で計画を立てたのは隣の島プロビデンシア島(Providencia)に行くかどうか迷っていたからです。事前に海がかなり荒れるとの情報も得ていたので、日帰りで行くか迷った挙句、移動に相当時間がかかり滞在時間も少ないと思って諦めました。船で片道3時間30分。飛行機だとかなり高額になります。 サン・アンドレス島を散歩している時に、港でプロビデンシア島に行くと思われる旅行客を見ましたが、かなりの人数の多さにびっくりしました。秘境というイメージがあったのですが、崩されました。
プロビデンシア島に行くなら下記URLを参考にしてください。

catamaranの会社 CONOCEMOS NAVEGANDO https://www.ethiotravelandtours.com/
航空会社 Searca https://searca.com.co/

利用したガイドブック

「地球の歩き方」だけでは、心もとないのでLonely Planetを買いました。最初に図書館で借りた「地球の歩き方」は、ボゴタ、カルタヘナ、レティシアだけで、メデジンのページがなかったのにはびっくりしました。ピエドラ・デル・ペニョールとグアタペは、急に観光地と認識されたところですからね。

Lonely Planetの冒頭でコロンビアのTOP20にお勧め観光地を掲載してくれていますが、その中でキャノ・クリスタレス(Caño Cristales)という場所があります。7月末から11月(実際には数週間が綺麗みたいです)にかけて川の色がカラフルに色づきます。 時期は選びますが、時間があるなら、旅行ルートに入れてみてもいいでしょう。

20-21年の地球の歩き方では、新スポットの紹介で、”ミルプ・ターコイズ・プール”(Aguas Turquesas de Millpu)という九寨溝のような段々が形成されてるミルプ川が紹介されていました。どんどん新しい観光スポットが出てきました。

ボゴタのトランスミレニオのアプリ

Transmilenio y Sitpのアプリを使っていましたが、ボゴタ政府がmoovitに情報提供しているようですので、moovitのほうが使いやすいかも。

Transmilenio y SitpiphoneappGoogle Play で手に入れよう
moovitiphoneappGoogle Play で手に入れよう
コロンビアのチェーン店

Juan Valdez Cafe
このカフェ、ペルーでも見かけました。コロンビアのチェーン店だったんですね。コーヒー生産者が生産から販売までを手がけているようです。サンタマルタで宿泊したホテル Hotel Catedral Plazaの1F(メイン通り沿い)にありましたが、結局利用しなかった。Juan Valdez Cafe

Cosechas
こちらのチェーン店もコロンビアを旅行中によく見ました。フルーツジュースは、3700ペソから。WRAPとジュースのセット(11600ペソ)をランチ代わりに食べました。お店がかわいいので、映える~という感じですね。Cosechas
Cosechas

Cosechas

 

スケジュール

あと1日メデジンで欲しかったかな。時期があえば、バランキージャのカーニバルにも行きたかったですね。

行 程
第1日目9:30 伊丹発→10:35 羽田空港着。羽田空港→成田空港移動。
15:25成田空港発→12:55メキシコシティ着。17:00メキシコシティ発→22:20メデジン着。メデジン泊
第2日目グアタペ観光。メデジン泊
第3日目メデジン観光。17:01メデジン発→18:54 サン・アンドレス島着。 サン・アンドレス島泊
第4日目バスで島周遊。サン・アンドレス島泊。
第5日目1日ツアー参加。サン・アンドレス島泊
第6日目Rocky CayとMantarraya Tour参加。サン・アンドレス島泊
第7日目13:05 サン・アンドレス島発→カルタヘナ。カルタヘナ泊
第8日目トトゥモ火山ツアー参加。カルタヘナ泊
第9日目ロサリオ島とプラヤ・ブランカツアー参加。カルタヘナ泊
第10日目カルタヘナ→サンタマルタ バスにて移動。サンタマルタ泊
第11日目パロミノ・ビーチとタガンガ漁村観光。サンタマルタ泊
第12日目ミンカ観光。サンタマルタ泊
第13日目9:39 サンタマルタ→ 11:09 ボゴタ着。ボゴタ観光。ボゴタ泊
第14日目シパキラ・岩塩教会観光。ボゴタ泊
第15日目15:33 ボゴタ発→19:50メキシコシティ着
第16日目00:05 メキシコシティ発→機中泊
第17日目6:20 成田着。JETSTAR 9:40 成田発→11:20関空着で帰る予定が欠航のため、新幹線にて帰宅
旅の予算

ガイドブックに掲載されている金額よりかなり上がっていました。値上げが激しいので、プライスリストは紙を上から貼って訂正をしているところが多かったです。500mlの水は2000ペソくらい。

*1COP(コロンビア・ペソ)=約0.0355円 1ドル=約110円(2019年2月現在)

伊丹-羽田(JAL)10,550円
成田→メデジン ボゴタ→成田(エアロメヒコ)145,690円
メデジン→サン・アンドレス島(AVIANCA)103.36ユーロ(13,457円)
サン・アンドレス島→カルタヘナ(LATAM)87.7ドル(9,911円)
サンタマルタ→ボゴタ(AVIANCA)119.26USD(13,306円)
 **航空券合計192,914円
その他 日本国内移動(帰路新幹線など)約17,000円
サン・アンドレス島ツーリストカード3,942円
Hotel Alameda de la 10(メデジン2泊)9,173円
Caribbean Island Hotel Piso2(サン・アンドレス島1泊)7,470円
Hotel Grand Caribe(サン・アンドレス島3泊)13,018円
Hotel Casa Carmen(カルタヘナ3泊)14,585円
Hotel Catedral Plaza(サンタマルタ3泊)20,015円
Hotel City Bog 106(ボゴタ2泊)7,787円
 **宿泊合計72,048円
交通費、現地ツアー代、食事など(キャッシング金額)42,276円
 **旅の総額約330,000円
ホテル選択についての注意点

ボゴタ
治安が心配で、Webで薦めていたHilton Bogotaからウサケン(Usaquen)のホテルを予約したけど、失敗でした。移動に時間がかかりました。ウサケン地区は住宅地という感じです。それにホテルは英語が通じませんでした。こんなところに観光客は来ないのでしょう。Ibis Bogota Museoにすれば、良かった。旅行中に治安の良さもわかってきたので、予約の取り直ししようと思った時には満室になっていたので諦めました。ちょっと道を外れるとかなり寂れた感じになりますが、日中は警察官が巡回しているので中心地でも大丈夫だと思いました。

空港までタクシーで移動しました。所要時間45分 メーターの表示(何の表示か分からず)が215だったけど、スマホ表示25900ペソだったので、26000ペソ払った。以外と安く済んで良かった。スマホをナビ替わりに運転してくれ、そのまま行ってくれてた。コロンビアでタクシーを数回を利用したが、結構正直金額でした。本当はウーバーを利用すればいいんだろうけど・・・。

サン・アンドレス島
2軒のホテルで宿泊しましたが、どちらともお湯が出なかったです。ホットシャワーしかダメな人は要注意です。
2軒目のホテルHotel Grand Caribeは、リーズナブルかなと思ったんですが、湯が出ない。それ以前に元々湯が出る蛇口がない。そして、上の掛け布団というかシーツがない。枕4つも置くんだったら、シーツを~。深夜まで道を挟んだBARが出してるラテン音楽が鳴り続けていたので、上の階に替えてもらった。この宿、朝食が上の階なんですが、眺めがいい場所で食べられるのが良かったです。

カルタヘナ
こちらの宿も、ホットシャワーが出ませんでした。旧市街の宿はそういう宿が多いのかも。

備忘録

ピエドラ・デル・ペニョールとグアタペの旅行記を読んだ時に、是非行ってみたいと思って計画したんですが、お天気が悪かったせいもあると思うけど、一番良かったのは、サン・アンドレス島です。離島好きには、楽園でした。近かったら、また行きたいです。コロンビアは、ビーチあり、山(トレッキング)ありとバラエティに富んだっ観光資源を持っている国だと思いました。新たな観光スポットがどんどん出来てきているので、何年後かにまた行きたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました