アジア・オセアニア韓国

早春の済州島 その4.島グルメを堪能しました。

スポンサーリンク

済州島は、いろんな郷土料理があり、楽しめました。今回は、一人旅ではないので、焼肉も海鮮鍋も食べることができました。

テウジョン

市外バスターミナルの近くにあるお店。済州島に到着して、遅いランチを食べるべく立ち寄りました。済州島 テウジョン

アワビ釜飯(전복돌솥밥) 13000Wをいただきました。済州島 テウジョン

ぎっしり、アワビが詰まってます。特別美味しいわけではないですが、貝好きの私は満足しました。市外バスターミナルから徒歩10分ほどの距離なので、便利でいいですね。テウジョン

 

黒豚家(フットンガ 흑돈가)

ちょっと新済州にある黒豚の焼肉店。行きは散策も兼ねて徒歩で移動しました。帰りはタクシーで3400Wの距離でした。済州島 黒豚家

メニューの1番上にある黒豚の焼肉18000Wの2人前と、冷麺7000Wを1つ注文しました。済州島 黒豚家

黒豚170gです。もうちょっと欲しかったかな。済州島 黒豚家

網に上に一緒に乗ったタレと一緒に食べます。済州島 黒豚家

さっぱりした冷麺でした。済州島 黒豚家

ユリネ食堂

泊まった宿から徒歩数分のところにありました。歴代大統領も通う有名店のようです。朝食にすべく、訪問しました。済州島 ユリネ食堂

ウニ入りのワカメスープ(ソンゲミヨックク)(10,000w)をいただきました。大量のわかめの上にウニが乗っています。済州島 ユリネ食堂

カニの醤油漬けもついていましたが、身も少なく、生臭かったかな。済州島 ユリネ食堂

トムベ豚(トムベトン)

旧済州の黒豚通り(흑돼지거리)にお店があります。済州島 豚通り

済州島 トンベドン

18000Wの黒豚の焼肉を注文しました。黒豚家は、網だったのに、こちらのお店は鉄板です。ちょっと斜めになっていて、余分な油が流れ落ちるようになっています。済州島 トンベドン

もやしや、キムチも鉄板で焼くんですね。店員さんがやってくれました。済州島 トンベドン

サイドメニューで、特大の茶わん蒸しや済州島 トンベドン

チゲも付いてくるんです。済州島 トンベドン

ポックンパ(締めにご飯を入れてチャーハンにしてくれる)を頼みたかったんですが、タイミングがわからず、食べれずでした。次回は挑戦したいと思います。お肉の量も黒豚家より多いし、こちらのお店のほうがコスパが良くていいですね。

夜市

2018年3月30日に済州東門伝統市場に夜市が正式オープン。ぎっしりと屋台が並んでいます。済州島 東門市場夜市

創作フードが並ぶ中、オーソドックスな屋台フード トッポギを選びました。済州島 トッポギ

3000W。特に特筆することもなく・・・。済州島 トッポギ

姉妹グクス

グクス文化通りにある姉妹グクスに行きました。三代グクス会館vs姉妹グクスが話題に上がっていますが、ネットでは姉妹グクスのほうが評価が高いですね。済州島 グクス通り

朝食にすべく、9時すぎに到着したのに、この人の多さです。済州島 姉妹ククス

人数を入れて順番が来ると、携帯に知らせてくれるシステム。前に来た時はそんなシステムではなかったような気がするけど・・・。困っていると、日本語がぺラペラの韓国人の女性が助けてくれ、店に入って行き店員に「この人たち日本人でシステム使えないから」みたいな説明してくれました。助かりました。とりあえず、順番はその女性の後くらいかな。画面を見ると18組 45~54分待ちでした。済州島 姉妹ククス

30分ちょっとで席に案内されました。コギククス(豚肉入り韓国風麺 8000W)やさしいお味でした。豚バラ肉もしっかり入っていて、美味しかったです。済州島 姉妹ククス

さて、姉妹グクスの入店を待っている間に、50m先に餅屋があるという看板を見つけ、行ってみることにしました。Google mapで検索して出てきません。姉妹グクスと同じ道沿いにあります。お店の名前は、사라오메기です。済州島 餅屋

どれも素朴な味で美味しかったです。オメギ餅(오메기떡 )はアワ粉を混ぜて作った餅のようです。また立ち寄りたい店です。済州島 餅屋

東門市場でホットック

市場はいつ見ても食欲をそそりますね。これだけキムチやナムルが並んでいると、壮観ですね。東門市場

済州の市場は、みかんの陳列が他の地域に比べて多いですね。東門市場

この東門市場に有名なお店があるみたいなのですが、残念ながら開いていないようでした。お昼だったので、お店が閉まっていても仕方がないか。開いているホットック屋でホットック(500W)を買いましたが、ちょっと油っぽかったかな。東門市場

三姓穴ヘムルタン

このお店は、貝尽くしの海鮮鍋が有名なお店です。このお店を載せていないガイドブックはないんじゃないかな。済州島内に支店も3店舗あるみたいです。
済州島 三姓穴ヘムルタン

小(2人)50,000Wを注文しました。

なんと言ってっもこのビジュアルですからね。貝好きにはたまりません。タコの足がぎゅるぎゅる動くのです。済州島 三姓穴ヘムルタン

途中で店員さんが来て、貝から身を取って、ハサミで小さくしてくれます。

済州島 三姓穴ヘムルタン

貝好きの私ですが、さすがにこの量を二人で食べきるのには苦労しました。締めの麺は残してしまいました。大満足です。済州島の旅の締めくくりのにふさわしい食事でした。リピートします。

タイトルとURLをコピーしました