ヨーロッパギリシャ

ギリシャ イオニア諸島の旅 その8.ケファロニア島 クシー・ビーチ

スポンサーリンク

アルゴストリ 9:35のフェリー(2.8ユーロ)に乗り、対岸のルクスーリ(LIXOURI)まで22分ほどの乗船した。アルゴストリ-ルクスーリ間のフェリーは2社運行していて、2社合わせると30分に1本は運行していることになる。しかし、ルクソーリ発クシー・ビーチ行きのバスは4本となるので、帰りのバスは気を付けておかないといけない。ルクソーリの街でお昼に食べるパンを購入した。ルクスーリ行きのフェリー

ルクスーリ

ルクスーリの町は落ちつた住宅地といった感じだった。ルクスーリ

ルクスーリ発11:30のバスに乗り10分ほどでクシー・ビーチに到着した。このビーチは、赤い砂のビーチで有名だが、マッド・スパができることでも有名。クシー・ビーチ

ビーチに着くと、泥を塗りたくっている人が見当たらない。若い男の子たちが塗っていたので、どこに泥はあるのか聞いてみたところ、山肌から取っているとのことだった。クシー・ビーチ

あまり泥パックができそうな泥がなかった。
クシー・ビーチ

ビーチ・パラソルが並んでいるエリアを通りぬけ、奥に進むと、泥を塗っている人が増えてきた。マッドというよりクレイという感じかな。私たちもこのエリアで塗りたくりました。クシー・ビーチ

クシー・ビーチ

その後、カフェでFrappe(アイスミルクコヒー2.8ユーロ)で注文し、まったりした。クシー・ビーチ

15:15のバスで、フェリーに乗り換え、アルゴストリに戻った。お昼を持っていったけど、ビーチに行くまでに一軒のレストランがあり、値段も 街中のレストランと大して変わらないので、ここで食べても良かったかも。

フェリーから見えるアゴストリの街並み。アルゴストリ

タイトルとURLをコピーしました